お肉でダイエット・栄養素と効果


【肉の脂肪を食べるほど、脳出血や脳梗塞の発症率は少なくなる】という実験データーが発表されたとのこと。

過去の常識が今や違うことも沢山出てきました。

 

そこで、気になりTVやネットで見つけた情報をいろいろ調べてまとめてみました。

おいしいだけじゃなかった!肉食は健康にもダイエットにも有効のようです。

特に牧草飼育のものがいいそうです。

参考にしてみてください

*参考*

【コラーゲン】

人の身体を構成する成分の中で水分の次に多いのがタンパク質。美肌効果で有名。

そのタンパク質の約30%を占めているのがコラーゲンと言われている。加齢とともに減少する。

コラーゲンは体内に入る後アミノ酸に分解されてしまうとか。

ビタミンCと一緒にに摂取するとくっ付いてコラーゲンに再生されるという。

コラーゲンは組織の弾力やしなやかさの元になる成分。皮膚・髪・軟骨・血管に影響する。

 

【ナイアシン】

糖質・脂質・タンパク質を代謝する際に補酵素として酵素の働きを助ける。

コレステロールを下げる。

動脈硬化を予防

冷え性の改善、血行不良による頭痛、二日酔い防止、筋肉痛予防

 

【L-カルニチン】

脂肪燃焼効果

 

【ヘム鉄】

人のカラダに吸収されやすい(ダイエットや心身供の健康管理に必須)

貧血や冷え性予防

 

【パンテトン酸】

ストレスに強い

 

【ビタミンB1(VB1)】

糖尿病予防、糖の分解には欠かせない栄養素。疲労回復に効果的。

肌荒れ、口内炎予防

VB1は水溶性の為、溶けだしやすい。そのため、アリシンと一緒に摂取するとVB1の吸収力を10倍にしてくれるという。

赤身に多い。

          

 【ビタミンB12(VB12)】

造血のビタミン、悪性貧血予防

 

【ビタミンK(VK)】

骨を形成、骨を丈夫にし、関節の痛みを和らげる

血管(動脈)の健康にも役立つ

 

【モリブデン】

鉄を吸収するための代謝にも関わっていると言われる

 

【セレン】

不足すると下肢の筋肉痛、皮膚の乾燥、心筋障害など。

 

 

*参考*

【アリシン】

殺菌・抗菌作用・抗酸化作用

タンパク質の分解促進・消化吸収促進

血小板凝集抑制作用

血圧降下作用

熱に弱い

空気に触れる面が多い程増える

 

【トリプトファン】

脳や神経の働きを安定させる『セロトニン』のもとになる成分。

安眠・頭痛の鎮静作用

 

【ロイシン】

豚肉に多く含まれ、筋肉組織の主成分。

太りにくいカラダをつくる

 

【カリウム】

ナトリウムと共に細胞の浸透圧を維持。

酸・塩分平衡の維持、血圧を下げる効果

神経刺激の伝達

心臓機能や筋肉機能の調節

細胞内の酵素反応の調整

 

【VA】

目や皮膚の粘膜の健康、抵抗力を強める働き

光刺激反応に関与。

不足すると夜盲症、皮膚や粘膜の乾燥、肥厚、角質化

 

【VD】

骨の形成・成長に重要なカルシウムの吸収に関与

ホルモン分泌の調整や免疫の調整

 

【VB2】

炭水化物・脂質・タンパク質の代謝に関わる。

ビタミン、皮膚や粘膜の健康維持作用

 

【VB6】

エネルギー生産や筋肉・血液の生成時ひ働き、皮膚や粘膜の健康維持作用

*その他のお肉*

【ラム肉】 

*鉄分・亜鉛が豊富   

*L-カルニチンが豊富、脂肪燃焼効果が高い

 

【馬肉】 

*タンパク質は牛肉並みに豊富

*鉄分・カルシウムも豊富

 

魚のタンパク質も良質です。

しかし、鉄分が含まれているのは赤身の部分です。

さかなは骨など除くと食べられる身の部分が少ないのが実情。

例えば、サンマを3~4匹食べて、初めてタンパク質30g位の摂取量になります。